ローン滞納でお悩みの方

返済に悩んでいるなら任意売却をご検討ください

何らかの事情によって、住宅ローンの支払いが困難になった場合、そのままにしておくと債権者である金融機関は、物件を競売にかけて資金を回収しようとします。競売にかけられる前に自らの意志で不動産を売りに出すのが「任意売却」です。
競売にかけられると、市場価格よりもはるかに安い値段で売却されてしまい、売主の意思はまったく反映されません。一方、任意売却なら不動産会社が金融機関と交渉し、競売よりも有利な条件で不動産を売却することが可能です。

そもそも任意売却とは?

マイホームの購入では多くの方が住宅ローンを利用されています。もちろん、契約時には毎月きちんと返済することを前提に住宅ローンを組んでいるはず。でも、人生には何が起こるか分かりません。不測の事態によって、ローンの支払いが困難になることもあるでしょう。
住宅ローンの支払いに行き詰まったとき、自己破産して、自宅を競売にかけられるのを黙って見ているしかないのでしょうか? 競売は裁判所主導で行われ、持ち主の意志とは関係なく手続きが進んでいきます。そうなると、安く売却され、強制的に退去を迫られてしまうのです。
これに対し、持ち主の意思にもとづいて通常の市場で売却する方法が任意売却です。任意売却には金融機関など債権者の同意が必要なので、不動産会社が債権者との間に入って、不動産を売却する手続きを行います。任意売却では競売よりも有利な条件で売却できる可能性があります。また場合によっては引越し代を捻出できたり、自宅に住み続けたりすることができるのです。

任意売却できるタイミング

任意売却ができる期間には限りがあります。その期間を過ぎると強制的に競売がスタートし、もう後戻りはできません。タイミングを逃さぬよう、ぜひ早めに当社までご相談ください。

毎月のローンの支払いが苦しくなってきた   任意売却が
まだ間に合います
ローンを1~2か月滞納してしまった
不動産の競売を知らせる通知が裁判所から届いた 最短で
3ヶ月
裁判所から競売の執行官がやってきた
競売の「期間入札通知書」が届いた
<任意売却の最終リミット!>
競売の「開札日」 任意売却は
間に合いません!

任意売却のメリット

競売が行われると債務者に不利な状況が生じますが、任意売却によりそうしたリスクの多くが回避できます。

  • 市場価格に近い売値が付くので、ある程度、残債に充てるだけの余裕が持てます。
  • 売却で得た資金を残債の一部として充てられたため、今後の支払い負担は軽くなります。
  • 任意売却は秘密厳守で進められるため、他人に知られることなく売却できます。
  • 売主の事情、都合がある程度考慮されるので、立ち退きを無理強いされることはありません。
  • 交渉次第で引越し費用を確保できる余地も。
  • 生活を軌道に乗せるだけの元手を残せるので、将来にも希望が持てます。
いとう不動産株式会社
〒990-2413 山形県山形市南原町2-5-23
tel.023-664-0110 fax.023-664-0118
営業時間.10:00~19:00
定休日.第2・第4土曜日,日曜日,祝日
社)山形県宅地建物取引業協会会員
山形県知事免許(2)第2461号
東北地区不動産公正取引協議会加盟